logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産 > 儒教冊版
儒教冊版
「儒教冊版」とは、朝鮮時代の儒学者の著作を刊行するために板刻した、305の門中や書院などから託された718種64,226枚の木版を指す。現在は、韓国国学振興院において保存・管理されている。「儒教冊版」は、国家主導により制作され宗教上の目的を掲げた記憶遺産である韓国の「八万大蔵経」とは一線を画すものである。先学と後学が本を媒介に会話する「text communication」の原型であり、国家ではなく地域の知識人集団が長い時間をかけて積み重ねてきたものである。収録の内容も、文学をはじめとし、政治・経済・社会・対人関係など、多岐にわたって著されているが、これらの全ての内容は究極的には儒教の「人倫共同体」の実現という共通の目的を有する。
 
真正性
 
儒教冊版は著者の直系子孫たちが古いものでは550年、新しいものでは60年以上保存してきた記録物で、すべて出典がはっきりとした本物である。儒教冊版の一部は、すでに世界記憶遺産に登録された「朝鮮王朝実録」、「日省録」、「承政院日記」などに記載されているのでその存在を確認できるものもあり、国家が制作した各種「冊版目録集」にも多数の儒教冊版の存在が記載されるなど、国家の公式記録からもその真正性を確かめることができる。儒教冊版は韓国印刷文化史においては珍しく「公論」によってその制作が許されたため、制作までに数回にわたる校閲が行われ、その内容に誤謬や誤植が紛れ込む余地が根本的にない。さらに、公論により認められた、非常に厳選された内容のみ収録されているので、内容の真正性も保証されている。このようなことは木版を制作する過程の全てを記録した『刊役時日記』などからも確認することができる。
 
 
世界的な重要性、代替不可能性
 
韓国の儒教冊版は、確かに本を印刷するために制作されたものである。しかし、儒教冊版は単なる印刷媒体の機能だけでなく、先賢の学問のシンボルとして認識され、後学により大切に保管・伝承されてきた。 第一に、儒教冊版はすべて「公論」に基づいて制作された。ここでいう「公論」とは、地域の知識人集団の世論をいうが、当時は、知識人階級が公論を導き、公論に合わない内容の木版の全部または一部は、印刷対象から除外された。印刷が制限された木版は廃棄するのではなくそのまま残しておき、後代の判断で刊行するかどうかを決めることができた。これは、韓国の記録文化がもつ特異性の一つである。

第二に、儒教冊版は「共同体の出版」という特徴を持つ。公論の主導者たちは地域社会において門中-学問の人脈-書院-地域社会へと結ばれていくネットワークを形成しており、彼らは儒教冊版の板刻計画から板刻内容の選定、板刻の完成、本の印刷、配布まで、全ての過程を主導した。儒教冊版の制作には個人や門中だけで賄うことのできないほど莫大な費用がかかったが、その費用はネットワークの構成員たちが捻出したのである。儒教冊版の一貫したテーマは儒教共同体の実現であり、その内容が盛り込まれた儒教冊版の出版も、共同体出版という方法に基づいていることも、世界に類例のないことである。

第三に、儒教冊版の学問的成果は、500年間続いた「集団知性」が達成した成果である。個別の著者たちが異なる時代にそれぞれの学問的成果を刊行したが、師匠の学問の成果を弟子たちが木版を通じて受け継ぎ、さらにその弟子たちがそれを受け継ぐ。しかし、それは盲目的な伝承ではなく、討論と批判に基づいており、以前より発展した内容を木版に収録・伝承したのである。従って、儒教冊版に収録された、「人間らしく生きるための人倫共同体建設」という一貫したテーマは、時代を経るにつれ、さらに発展し具体化できた。儒教冊版を通じて具現化しようとしたこのような価値観は、世界史において人類が普遍的に目指してきた価値と同様のものである。

第四に、登録を申請した儒教冊版は、それらを刊行した本の唯一の原型である。儒教冊版は古いものでは550年前、新しいものでは60年前にそれぞれ1つずつのみ制作され、現在まで伝わる「唯一の原本」である。

後代になって新しく翻刻本の制作されていた活字本とは異なり、絶対に代替不可能なものである。儒教冊版が欠ければ、550年間続けられた学問の輪も途切れてしまうこととなる。
 
 
 
 
文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁