logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産 > KBS特別生放送「離散家族を探しています」
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
記録物「KBS特別生放送『離散家族を探しています』」はKBSが1983年6月30日夜10時15分から11月14日明け方4時まで、放送期間138日、放送時間453時間45分間の、生放送のビデオ録画テープの原本463個と、担当プロデューサーの業務手帳、離散家族が直接作成した申請書、1日の放送スケジュール表、キューシート、記念レコード、写真など、これらの20,522件の記録物の総称である。
 
真正性
 
KBSはチャンネル「1TV」で1983年6月30日夜10時15分から11月14日明け方4時までの放送期間138日、放送時間453時間45分間の、「KBS特別生放送『離散家族を探しています』」を生放送し、それをすべて録画した。録画テープの原本463個と、放送過程で使われたパネル、キューシート、番組表、ラジオ録音資料、写真などは事実をそのまま証言する1次資料であり原本で、KBSアーカイブにおいて保存され続けてきた。中央政府及び自治体による記録物はほとんど、国家記録院において保管されている。
 
 
世界的な重要性
 
- テレビ、戦争と分断の惨状を世界に告発する

記録物「KBS特別生放送『離散家族を探しています』」は戦争の惨禍を世界に告発し、人権と普遍的な人類愛を鼓吹した、生きた記録である。韓国戦争によって離れ離れになった家族を探し求め、人々が雲集した汝矣島広場とKBS放送局の周辺は、世界の人々の注目を集めた。ハビエル・ペレス・デ・クエヤル(Javier Pérez de Cuéllar)元国際連合事務総長は、金瓊元(キム・ギョンウォン)国連常駐大使との会談(1983.7.21.)で離散家族の悲劇について深いシンパシーと理解を示した。

さらに、第70回列国議会同盟(Inter-Parliamentary Union、IPU)ソウル総会に出席した7カ国17人の委員と国際人権連盟理事一行は放送の現場を訪問している。さらに、ニュージーランド・オークランド市において開催されたABU(Asian Pacific Broadcasting Union)総会(1983.10)では、離散家族をテーマにした30分もの英語版ドキュメンタリーが上映された。

KBS本館中央ホールに設置された記者室には、世界25カ国の記者たちが常駐し、探すことのできた家族のニュースをリアルタイムで発信した。アメリカのABCでは、これを番組「ナイトライン(Night Line)」で生中継した。
 
 
 
 
文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁