logo
                                                              
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」 朝鮮王室御宝と御冊  国債補償運動の記録  朝鮮通信使の記録
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
朝鮮王室御宝と御冊
国債補償運動の記録
朝鮮通信使の記録
韓国の記録遺産 > 朝鮮通信使の記録
朝鮮通信使の記録
朝鮮通信使に関する記録は、1607年から1811年まで、日本の江戸幕府の招待で12回にわたり朝鮮から日本へと渡った外交使節団に関する資料の総称である。これらの資料は歴史的経緯があり、韓国と日本、両国に所在している。
 
朝鮮通信使は16世紀末、日本の豊臣秀吉が朝鮮に侵略した後断絶した国交を回復し、両国の平和的な関係を構築・維持するのに大いに貢献した。朝鮮通信使に関する記録は外交記録、旅程記録、文化交流の記録により構成された総合遺産であり、朝鮮通信使の往来により、両国の国民は憎悪と誤解を解け、相互理解を深めることで、外交のみならず学術・産業・文化など様々な分野において活発な交流の成果を上げることができた。
 
この記録には悲惨な戦争を経験した両国が平和な時代を築き、維持していく方法と知恵が凝縮されており、「誠真交隣」を交流の共通理念として対等な立場で相手国を尊重するという異民族同士の交流が実現している。その結果、両国だけでなく東アジアでも政治的安定がもたらされ、安定した交易ルートも長期間確保することができた。

したがって、この記録は両国の歴史的経験により証明された平和的・知的遺産であり、永遠の平和共存関係と異文化尊重を目指すという人類共通の課題を解決する上で顕著な普遍的価値を有する。
 
朝鮮通信使の記録
 
 
 
文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁