logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産1 > 朝鮮王朝実録
『朝鮮王朝実録』
vod view

『朝鮮王朝実録』は朝鮮王朝の始祖である太祖から哲宗までの25代472年間(1392~1863)の歴史を年月日順に編年体で記録したもので、総1,893巻888冊からなる歴史が古く膨大な量の歴史書である。
『朝鮮王朝実録』は朝鮮時代の政治、外交、軍事、制度、法律、経済、産業、交通、通信、社会、風俗、美術、工芸、宗教など各方面の歴史的事実を網羅しており、世界的にも類をみない貴重な歴史記録物である。また『朝鮮王朝実録』はその歴史記述において真実性と信憑性が非常に高いことから歴史記録という点で意義が大きい。

『朝鮮王朝実録』の基礎資料作成から実際の編纂までの編修刊行作業を直接行った史官は、官職としての独立性と記述に関する守秘が制度的に保障されていた。実録の編纂は次の国王が即位した後、実録庁を開設し関係官を配置して編纂し、草稿は君主であっても自由に閲覧することができないほど秘密を保持することにより、この実録の真実性と信憑性を確保した。
実録が完成した後は特別に設置した史庫にそれぞれ1部ずつ保管したが、壬辰倭乱と丙子胡乱により史庫にあった多くの実録が戦禍によって消失した。しかし、その時々に再発行や補修を繰り返し20世紀初まで鼎足山、太白山、赤裳山、五台山の四史庫にそれぞれ1部ずつ伝えられている。

鼎足山、太白山史庫の実録は1910年、日本が当時の京城帝国大学に移管した。解放後、ソウル大学の奎章閣に所蔵され現在に至る。
五台山史庫の実録は日本に搬出され関東大震災によって消失し現在27冊のみが残っている。赤裳山本は旧皇宮蔵書閣に所蔵されていたが、1950年韓国戦争当時に北朝鮮軍が接収し、現在金日成総合大学に所蔵されている。
1984年、ソウル大学奎章閣に共に保管されていた『朝鮮王朝実録』鼎足山本及び太白山本を別々に分け安全に保管している。
『朝鮮王朝実録』は鼎足山本1,181冊、太白山本848冊、五台山本27冊、その他散葉本21冊を含めて、総2,077冊を一括して国宝第151号に指定されており、1997年10月にユネスコ世界記憶遺産に登録された。
実録編纂の時に利用された資料は全て政府機関からの報告、文書などを整理した春秋館時政記、前王在位時の史官らが作成した史草、承政院日記、議政府登載、日省録など政府主要機関の記録と個人の文集などである。

特に史草は史官らが国家の全ての会議に必ず、参席し、王と臣下達が国史について論議、処理したことをそのまま記録すると同時にその善悪及び人物に対する批評、そして機密事務などを直筆したものである。朝鮮時代には史法が非常に厳しく史官以外は誰も見ることができず記録の真実性を確保するため王であっても見ることができなかった。


◎ 朝鮮王朝実録の世界的な記録遺産としての価値

• 第一に、『朝鮮王朝実録』は25代君主の実録であり、472年間の歴史を収録したものであるため一つの王朝の歴史的記録として世界でも長い歳月にわたる実録である。

世界的に知られている中国の『大清歴朝実録』も296年間にわたる実録に過ぎない。


• 第二に、『朝鮮王朝実録』は最も豊富な内容をもつ世界的な歴史書である。

日本の三大実録は貧弱なもので、南院朝の『大南実録』は548巻からなり中国の『皇明実録』は 2,964巻からなるが、巻数のみ多いだけで内容は粗略である。『朝鮮王朝実録』が総6,400万字であるのに対して皇明実録は総1,600万字に過ぎない。


• 第三に、『朝鮮王朝実録』は内容が多様で、百科全書的実録であるとされている。

『朝鮮王朝実録』は朝鮮時代の政治、外交、社会、経済、学芸、宗教生活から天文、地理、音楽、科学的な事柄や自然災害や天文学的現象、そして東北アジアの外交関係が収録されている総合史書であり、国王から庶民に至るまでの生活記録が記された民族文化書といえる。


• 第四に、『朝鮮王朝実録』はその歴史記述において真実性と信憑性が非常に高い歴史記録物である。

『朝鮮王朝実録』の基礎資料作成から編纂までを担当した史官は、官職としての独立性と記述に対する秘密保持が保障された専門官僚であった。史官の記録は君主であっても自由に閲覧することができず、秘密保持に関する制度がこの実録の真実性と信憑性を保障している。


• 第五に、活字によって印刷刊行された『朝鮮王朝実録』は韓国印刷文化の伝統と高い文化水準を示す歴史書といえる。

朝鮮は世界的にみても金属活字を最初に実用化した高麗時代の伝統を継承し、活字改良に尽力し各種図書の刊行を行ってきた伝統がある。


• 第六に、朝鮮末期までこれら実録が完全に保存されてきたことも世界的にあまり類例がないことで
  ある。

先王の実録編纂事業が終わると最終原稿4部を印刷し、ソウルの春秋館と不慮の事故に備えるため各地の険しい山中にあった史庫に保管してきた。


• 最後に、『朝鮮王朝実録』は日本、中国、モンゴルなど東アジア帝国の歴史研究、関係史研究においても貴重な基本資料でもある。


文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁