logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産 > 直指心体要節
『直指心体要節』
vod view
『白雲和尚抄録仏祖直指心体要節』(以下仏祖直指心体要節と称する)は白雲和尚が75歳であった高麗恭愍王21年(1372)、老眼に耐え禅徒らに禅道と禅観の眼目を自覚するよう促し、禅風を伝燈し、法脈を伝承できるように著したもので、その弟子、釈璨と達湛が比丘尼の妙徳の施主となり清州興徳寺で1377年7月に金属活字を用いて印刷した。
『仏祖直指心体要節』は『景徳伝燈録』『禅門拈頌集』など史伝部の多くの仏書を探し求め歴代諸仏祖師の偈、頌、讃、歌、銘、書、法語、問答の中で禅の要諦を悟ったが必要なことのみを抄録し、撰述したものがその主な内容である。
『仏祖直指心体要節』の 「直指心体」とは 「直指人心 見性成仏」という修身悟道の明鬼から採録したもので 「参禅し人の心を直視すれば、その本性がすなわち仏の御心であることを悟るようになる」というものである。本書は韓国の学僧が大教科を終え随意科で学ぶ際に使用される代表的な学習書である。

『仏祖直指心体要節』の撰者である白雲和尚は白雲が彼の号で、法名は景閑である。高麗忠烈王24年(1289)に全羅道古阜で生まれ、恭愍王23年(1374)に驪州鷲巌寺で77歳の生涯を終え入寂した。
和尚は幼くして出家し仏学にふけり、修道することにだけ専念した。後に白雲和尚は中国湖州の霞霧山天湖庵の石屋清珙和尚から直接心法を伝授され、インドの指空和尚からも直接、教えを受け道を悟ったのである。帰国した後は太古普愚国史師(1301~1382)や恵勤懶翁和尚(1320~1376)と共に大禅師として並び称された。それだけでなく黄海道海州の安国寺で11年もの間、禅林精業に尽力しその後は海州の神光寺にて後学を導いた。
『仏祖直指心体要節』が海外に流出した経緯は朝鮮時代の高宗の時、駐韓フランス代理公使としてソウルに勤めていたコラン・ド・プランシー(Collin de Plancy)が収集した蔵書に含まれていたものが、後の骨董品収集家であったアンリ・ベベル(Henry Vever)に渡り、彼が1950年に死亡すると同時に遺言によってフランス国立図書館に移管され今日に至っている。この本は上下2冊となっているが、現在は下巻のみが唯一フランスで所蔵されている。下巻は39冊からなるが、最初の頁はなく、2頁から39頁までの総38頁のみが保存されている。
興徳寺の創建年代と規模は不明だが、『仏祖直指心体要節』下巻の奥付に、「高麗禑王3年(1377)に清州興徳寺で金属活字によって本を印刷したことを銘記(宣光七年丁巳七月 日 清州牧外興徳寺鋳字印施)」とあり、これはドイツのグーテンベルグより70年余りも遡るものとして、1972年ユネスコが指定した「世界図書の日」に出品され、世界最古の金属活字本として公認されたのである。

しかし興徳寺址の位置を確認できなかった最中、発掘調査の結果出土した青銅製の太鼓「青銅禁口」と青銅仏鉢に「西原府 興徳寺(西原は新羅時代の清州)」という名文が陰刻されており、この地がまさに「白雲和尚抄録仏祖直指心体要節」を刊行した興徳寺であることを立証することとなった。
この本は金属活字を利用して印刷されており、印刷技術をより便利で経済的、校正も簡単にできるようにし、これらはすべて迅速な本の生産に貢献することとなった。また活字印刷術にふさわしい墨、つまり油墨を発明する契機となり、韓国が行った実用的で革新的な活版印刷術は東洋印刷史に非常に大きい影響を及ぼし、ヨーロッパなどに伝わったとみられる。

この本はこのような価値が認められ、2001年9月にユネスコ世界記録遺産に登録された。
文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁