logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
訓民正音 朝鮮王朝実録 直指心体要節 承政院日記 朝鮮王朝の儀軌 海印寺大蔵経板 諸経板 東医宝鑑 日省録 5.18民主化運動の記録物 乱中日記 セマウル運動記録 儒教冊版 KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産
訓民正音
朝鮮王朝実録
直指心体要節
承政院日記
朝鮮王朝の儀軌
海印寺大蔵経板及び諸経板
東医宝鑑
日省録
5.18民主化運動の記録物
乱中日記
セマウル運動記録
儒教冊版
KBS特別生放送「離散家族を探しています」
韓国の記録遺産 > 承政院日記
『承政院日記』
vod view


「承政院」は朝鮮定宗の代に創立された機関で国家のすべての機密を扱った国王の秘書室ともいえる所で、1623年(仁祖1)3月から1894年(高宗31)6月まで272年間に渡って承政院で処理された国政記録と承宣院、宮内部、秘書監、奎章閣と名称が変化しながら1910年(隆熙4)まで総3,243冊の記録が残存している。
『承政院日記』は朝鮮王朝最大の機密記録であるとともに史料的価値において『朝鮮王朝実録』、日省録、備辺司謄録などのように韓国の歴史と文化を世界に誇示することのできる資料であり、また世界記録遺産に登録された『朝鮮王朝実録』を編纂する時の基本資料として利用されたため、実録よりむしろ価値のある資料として評価されている。さらに原本1部のみが残存する貴重な資料であり国宝第303号(1999.4.9)に指定されている。これは世界最大及び一次史料としての価値が認められ2001年9月ユネスコ世界記録遺産に登録された。
内容をみると国政全般にわたる広範囲の事実の記録で、啓稟、伝旨、請牌、請推、呈辞、上疏、宣諭、伝教などに関するものである。この本の記載方式をみると、一ヶ月を基準に本の最初に月間の慶祝の宴の開催状況、内殿の動向を記録し、次に承政院の管理及び当直者の表記と出勤実態を表示し、最後に承政院の業務状況、王及び内殿の文案、承政院の人事関係などの内容を掲載した。

『承政院日記』は日記式でひと月に1冊ずつ作成することを原則にしたが、後期になるにつれて内容が多くなり、ひと月に2冊以上になる場合もあった。また朝鮮建国初期から整理されてきたが、朝鮮前期分は壬辰倭乱などの兵火によって大部分消失し、現在は3,243冊のみが残存している。国史研究だけではなく韓国の政治、経済、社会、外交、文化、軍事などすべての学問研究に必要不可欠な資料である。



その史料的価値は中国の『中国二十五史』(3,386冊、約 4,000万字) 及び韓国の『朝鮮王朝実録』(888冊、5,400万字)よりさらに膨大な世界最大の年代記録物(総3,243冊、約2億4千250万字)で、『朝鮮王朝実録』が国王の死後、史官らによって編集された二次資料であるなら、『承政院日記』は当時の政治・経済・国防・社会・文化等に対する生々しい歴史をそのまま記録した朝鮮時代の一次史料であると言える。高宗31年の甲午更張以後の日記の内容は日本による内政干渉期の宮廷記録のため朝鮮王(皇帝)の決済を要する事柄とその他の宮中の秘話を記録したものであるため近代史研究の一次基本史料となる。

また17世紀から20世紀初めまでの日記で300年間の国文学の変遷過程を確認することができ、国文学においても価値が認められている。さらに288年の間、毎日の日付情報を記していたものとして、特に『朝鮮王朝実録』の日付は 60甲子でのみ表記されているため、今日私たちが使用する太陽暦に換算すると多くの混乱を招くが『承政院日記』は60甲子と授時歴法の日付を併記しており、歴史的な基礎資料となっている。また伝統的な儒教社会内部から、自生的なカトリックの受容がどのように民衆の間に広がり、これに対してどのように政治が対応したかなどを詳しくうかがうことができる。
ソウル大学の奎章閣に所蔵されている『承政院日記』の原本は保存のために公開していないが『影印本承政院日記』(国史編纂委員会 1961~1977 刊行)と精神文化研究院で哲宗2年(1851)から純宗隆煕4年(1910)までの日記筆写本はインターネットで公開しており、今後は国史編纂委員会で影印本全てをデジタル化してインターネットで一部公開する予定である。

文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁