logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
宗廟祭礼と宗廟祭礼楽 パンソリ 江陵端午祭 カンカンスオルレ 男寺堂遊び 霊山斎 済州七頭堂霊登祭 處容舞 歌曲 大木匠 鷹狩り 綱渡り テッキョン 韓山カラムシ織 アリラン キムジャン文化 農楽 綱引き 済州海女文化
韓国の世界無形遺産
宗廟祭礼と宗廟祭礼楽
パンソリ
江陵端午祭
カンカンスルレ
男寺堂ノリ
霊山斎
済州チルモリ堂霊登クッ
處容舞
歌曲
大木匠
鷹狩り
綱渡り
テッキョン
韓山カラムシ織
アリラン
キムジャン文化
農楽
綱引き
済州海女文化
韓国の世界無形遺産 > 済州海女文化
済州海女文化
済州海女文化
済州島(チェジュド)全域に広がる済州海女文化は、潜女(チャムニョ)または潜嫂(チャムス)と呼ばれる海女、済州海女共同体で受け継がれている素潜りの技術、海の女神である竜王ハルモニに豊穣と海での安全を祈願する儀礼、そして海女の歌などを含めています。
 
済州海女たちは、海の中の暗礁や海産物の生息地を含む海中の認知地図や環境に順応した採取技術を通じて海産物を採取します。酸素供給装置なしに10mほどの深い海の中に約1分間潜水し、海産物を採取する海女たち。済州海女共同体の海女たちはその技量によって、上群、中群、下群の3つの集団に分けられます。
済州海女文化は、男性中心の儒教社会である韓国で女性の地位向上に大きく貢献しています。また、済州海女文化が持つ素潜りの持続可能性、弱者への配慮、公益事業への献身や参加、生態系中心の各要素が人類社会が志向すべき持続可能な発展モデルであるとし高く評価されています。
 
こうした済州海女文化は、共同体の社会的凝集力や文化的持続性を促進する活動を行い、無形遺産としての女性の職が持つ重要性についての世界的認識を向上させ、海女共同体および類似する慣習を保有する他の共同体の相互対話を促進することで、無形文化遺産の可視性を高めることに貢献する点が認められ、2016年12月1日、ユネスコ人類無形遺産に搭載されました。

文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁