logo
検索
ホーム サイトマップ 韓国語
文化財庁紹介, 韓国の世界遺産(文化・自然), 韓国の記録遺産, 韓国の世界無形遺産, 朝鮮の王宮, 朝鮮の王陵 文化財庁紹介 韓国の世界遺産(文化・自然) 韓国の記録遺産 韓国の世界無形遺産 朝鮮の王宮 朝鮮の王陵
宗廟祭礼と宗廟祭礼楽 パンソリ 江陵端午祭 カンカンスオルレ 男寺堂遊び 霊山斎 済州七頭堂霊登祭 處容舞 歌曲 大木匠 鷹狩り 綱渡り テッキョン 韓山カラムシ織 アリラン キムジャン文化 農楽 綱引き 済州海女文化
韓国の世界無形遺産
宗廟祭礼と宗廟祭礼楽
パンソリ
江陵端午祭
カンカンスルレ
男寺堂ノリ
霊山斎
済州チルモリ堂霊登クッ
處容舞
歌曲
大木匠
鷹狩り
綱渡り
テッキョン
韓山カラムシ織
アリラン
キムジャン文化
農楽
綱引き
済州海女文化
韓国の世界無形遺産 > 處容舞
處容舞

處容舞は五人の踊り手が處容の仮面をかぶって五方(東、西、南、北、中央)に立って踊る宮中舞踊である。宮中舞踊の中で唯一、人の形の仮面をかぶって踊る踊りで、「五方處容舞」ともいう。
新羅末憲康王が蔚山の開雲浦(今の黃城洞細竹村一帯)の海辺に遊びに出たが、帰り道に黒い雲と霧が前を遮った。王が変に思い、左右の臣下に理由を聞いたら日官が「これは東海龍の仕業であるため良いことをして解決しなくてはなりません。」と答えた。王が龍のための寺を建てろと命じたところ、すぐに黒い雲は消え、東海の龍が七人の息子を連れ出し踊りを踊ったが、そのうちの一人が王についてきたがそれが處容だった。處容は美しい女性と結婚して級干の官職を受け、王の政事を手伝うようになった。

そんなある日、疫神が處容の妻を病に犯そうとしたため、それを何とか防ごうと處容が歌をつくり歌いながら踊ったところ、疫神が姿を現し跪いて謝った。その後、民衆が處容の姿を描き戸口につけ、鬼神を追い払い、慶事になった。
この時、處容が踊った踊りが處容舞だと伝わっている。統一新羅から高麗後期までは一人が踊ったが、朝鮮世宗の時には五人が踊る五方處容舞で踊ったという。楽学軌範には陰暦12月晦日、旧年の魔鬼と邪神を追い払うため行った儀式の儺礼で二度も處容舞を踊ったと記録されている。
處容舞の5人は 東西南北と中央に五方向を象徴する服を着て踊るが、東は青、西は白、南は赤、北は黒、中央は黄色である。踊りの内容は陰陽五行説の基本精神を基礎に、悪運を追い払う意味が含まれており、踊りはにぎやかで絢爛、堂々とした活気に満ちた動きの中で元気で豪放な姿が伺える。

處容舞は1971年1月8日重要無形文化財第39号と指定され、男舞で荘厳かつ神秘的な踊りである。寿齊天音楽に合わせて王の前に一列に出る平進ではじまり、言楽旋律に新羅聖代昭聖代という歌を歌った後、鄕唐交奏に合わせて王に向かってお辞儀をし、舞台中央に出る。
細霊山音楽に合わせて4角形に台型が変わる四方作隊後、散作花舞と全体的に台型を一周回る右旋回舞を踊った後、十字模様の五方作隊でもう一度台型を変えると音楽は三絃還入に変わる。 三絃還入に合わせて垂楊手舞と膝を付く踊り(ムルップデピ舞)を踊った後、円形に台型を変え左旋回舞を踊り、一列に台型を変えると、編楽旋律に合わせて山河千里国という歌詞を歌った後、頌九如之曲に合わせて落花流水を踊り退場する。
處容面は小豆粥色の赤い皮膚に真っ赤な色の皮膚と白い歯、両耳には主錫輪と鉛玉をつけており、以前官服で使用していた帽子の紗帽をかぶり、紗帽の上には牡丹花二輪と桃の実七つと枝を刺している。處容仮面の小豆粥色や桃の実などは悪鬼を追い払う辟邪(邪気を追い払うこと)の意味をもっており、牡丹花は財物を呼ぶと言う富貴花で、めでたい事を迎える進慶の意味を含んでいる。
文化財庁 35208 大田広域市西区 先史路189政府大田庁舎1棟8〜11階、2棟14階 Copyright CULTURAL HERITAGE ADMINISTRATION. All right reserved, Since 1996 文化財庁